>> Google Books
社会的包摂/排除の人類学 : 開発・難民・福祉
フォーマット:
図書
責任表示:
内藤直樹, 山北輝裕編
言語:
日本語
出版情報:
京都 : 昭和堂, 2014.2
形態:
vii, 255, vp ; 21cm
著者名:
目次情報:
「社会的包摂/排除」現象への人類学的アプローチ 内藤直樹 [著]
ケニア牧畜民の伝統社会は開発から逃れられるか 内藤直樹 [著]
エチオピア牧畜民に大規模開発は何をもたらすのか 佐川徹 [著]
ボツワナの狩猟採集民は「先住民」になることで何を得たのか 丸山淳子 [著]
オーストラリア先住民の「暴力」といかにつきあうか 飯嶋秀治 [著]
アフリカの難民収容施設に出口はあるのか 中山裕美 [著]
アンゴラ定住難民の生存戦略は持続可能か 村尾るみこ [著]
在日インドシナ定住難民の「彼らなりの暮らし」はどう保たれているか 岩佐光広 [著]
第三国定住難民と私たちとの接点はどこにあるのか 久保忠行 [著]
ホームレス状態から地域生活への移行において何が問われているのか 北川由紀彦 [著]
野宿者の日常的包摂は可能か 山北輝裕 [著]
精神障害者の世界は受け入れられるか 間宮郁子 [著]
脱施設化は真の解放を意味するのか 有薗真代 [著]
開発/難民/福祉の横断を終えて 山北輝裕 [著]
「社会的包摂/排除」現象への人類学的アプローチ 内藤直樹 [著]
ケニア牧畜民の伝統社会は開発から逃れられるか 内藤直樹 [著]
エチオピア牧畜民に大規模開発は何をもたらすのか 佐川徹 [著]
ボツワナの狩猟採集民は「先住民」になることで何を得たのか 丸山淳子 [著]
オーストラリア先住民の「暴力」といかにつきあうか 飯嶋秀治 [著]
アフリカの難民収容施設に出口はあるのか 中山裕美 [著]
続きを見る
書誌ID:
BB14796940
ISBN:
9784812213414 [481221341X]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

全, 泓奎(1969-)

法律文化社

埋橋, 孝文(1951-)

法律文化社

宮本, 太郎(1958-)

ミネルヴァ書房

嶺井, 正也(1947-), 国祐, 道広(1947-)

八月書館

高橋, 進(1949-)

ミネルヴァ書房

福原, 宏幸(1954-)

法律文化社

森田, 洋司(1941-), 矢島, 正見(1948-), 進藤, 雄三(1954-), 神原, 文子

学文社

黒川, みどり(1958-), 藤野, 豊(1952-)

岩波書店

藤岡, 純一(1949-)

中央法規出版

福原, 宏幸(1954-), 中村, 健吾(1963-), 柳原, 剛司(1975-)

明石書店