Home > 利用案内 >

静岡本館 利用案内

(浜松分館はこちら)

静大TV 静岡本館案内

「附属図書館 静岡本館ってどんなところ? しずっぴーと一緒に! - 静岡大学 」




目次
ハーベストルーム
個人ブース   セミナールーム
PCワークエリア   ギャラリー

■入館・退館方法

 入館時と退館時に学生証(ICカード)、教職員IDカード(ICカード)または図書館利用票が必要です。 ゲート手前のカードリーダーにICカードをかざすとゲートが開きます。図書館利用票の場合は、バーコード部分を読み込ませるとゲートが開きます。学生証、教職員IDカード、図書館利用票を忘れた場合は、カウンタ職員に申し出てください。

 ※学生証、教職員IDカード、図書館利用票は、静岡本館、浜松分館共通で利用できます。

■開館時間・各種サービス時間

サービス
(館内案内にリンク)
月~金 土・日・祝日
授業期
試験対応期
休業期 授業期 試験対応期 休業期
開館時間 9:00~22:00 9:00~17:00 10:00~19:00 9:00~21:00 10:00~17:00
書庫入庫/書庫資料請求 9:00~21:30 9:00~17:00 - - -
レファレンスサービス
図書館間相互利用
9:00~12:30,
13:30~17:00
9:00~12:30,
13:30~17:00
- - -
貸出用パソコン 9:00~21:30 9:00~16:30 10:00~18:30 9:00~20:30 10:00~16:30
個人ブース(3階) 9:00~21:30 9:00~16:30 10:00~18:30 9:00~20:30 10:00~16:30
視聴覚エリア(4階) 9:00~21:30 9:00~16:30 10:00~18:30 9:00~20:30 10:00~16:30
ハーベストルーム(5階) 9:00~21:00 9:00~17:00 10:00~18:30 9:00~20:30 10:00~16:30
地域・特別資料室(5階) 9:00~17:00 9:00~17:00 - - -
マイクロ資料室(5階) 9:00~17:00 9:00~17:00 - - -
セミナールーム(6階) 9:00~18:50 9:00~17:00 - - -
※ 土・日・祝日のサービスは、閲覧室にある資料の閲覧・貸出・返却・複写・蔵書検索のみです。書庫内資料の利用・各種利用の申し込みおよびレファレンスサービスはできません。

■休館日

 年末・年始 (12月28日~1月4日)
  ※ 臨時に休館する時にはあらかじめお知らせします。

 詳しくは開館カレンダーをご覧ください。

■貸出冊数・貸出期間

  学部生 大学院生 学術院の教員 その他教職員
名誉教授
貸出冊数
(うち開架)
5冊 10冊
(5冊)
50冊
(5冊)
5冊
貸出期間
(うち開架)
2週間 1ヶ月
(2週間)
1年
(2週間)
1年
(2週間)
特別貸出 卒論/演習/教育実習    
雑誌 2冊(貸出期間は16:00-翌平日の午前まで)
*最新号の貸出不可
 
 ※予約がない場合に限り貸出期間の更新が1回できます。
 ※各休業期は長期貸出を行います。(学部生、大学院生)
 ※特別貸出(卒論・演習・教育実習時貸出)はカウンターに申請してください。

<ペナルティー>!返却が遅れた場合には、遅れた日数分貸出が停止となります。

■貸出・返却方法

○貸出

 カウンター前の自動貸出装置で画面の指示に従って操作すると貸出手続きができます。または、サービスカウンターへ借りたい資料と学生証を提示してください。学生証が図書館利用票になっていますので常に携帯しましょう。
 ※ 貸出手続を行っていない図書館の資料を持って出ようとすると、ブザーが鳴りゲートは開きません。貸出手続を忘れないように気をつけてください。

○返却

 自動返却装置(開架図書のみ)、またはサービスカウンターで返却手続きを行ってください。
 ※ 図書館閉館時は、正面玄関脇のブックポストに入れてください。

○県立中央図書で借りた資料の返却

 静岡県立中央図書館で借りた資料を、静岡本館のカウンターで返却することができます。

■貸出期間の更新

 図書館ホームページのmyLibrary(WEBサービス)へログインして、貸出状況確認画面で返却期限を延長することができます。自動貸出装置およびカウンターでも更新ができます。貸出期間を更新したい資料と図書館利用票(学生証)を持参してください。

■資料の利用

 資料は静岡大学OPAC(蔵書目録)で探すことができます。図書は日本十進分類法により分類され、その順番に配架されています。雑誌は雑誌名のアルファベット順に並んでいます。資料は閲覧室のほか、書庫や研究室にあります。

○資料配置別の利用時間・利用方法

  資料配置 利用時間 利用方法
本館 開架 5F 図書  文庫  新書  大型本  アートマネジメント
キャリア支援  シラバス図書  新聞縮刷版
開館時間中 閲覧室で直接利用
4F 参考  国際交流  視聴覚  特別  新聞
3F 和雑誌  洋雑誌
書庫 5F 地域・特別資料室  マイクロ資料室 平日9:00-17:00
土・日・祝日利用不可
「資料請求票」*1または、
「館内施設利用申込書」*2
でカウンターへ利用請求
4F 保管庫 平日9:00-21:30
休業期17:00まで
土・日・祝日利用不可
「資料請求票」*1で
カウンターへ利用請求
3F 新聞  和雑誌  洋雑誌  東洋言語雑誌
2F-1F 和図書  洋図書  文庫  新書
2F 考古  東洋言語図書
1F 集密  集密旧静高  集密旧教育
各研究室 各研究室備付 各研究室への連絡・調整が必要*3
 *1 OPACで出力できます  *2 入室希望の場合にカウンターにお申し込みください  *3 カウンターへご相談ください

○書庫内資料

 書庫内資料の閲覧・貸出を希望する場合は、上記の表のようにカウンターへ利用請求をしてください。本学教職員および大学院生は身分証、学生証をカードリーダーに読み込ませて書庫に入ることができます。なお、学部生は卒業論文作成のときなどに書庫の利用を申請できます。初めてご利用の際には入庫方法をご案内します。

○図書館資料の複写

 4階南側の複写コーナーにコピー機を設置しています。図書館ではノートなどの私物はコピーできませんので注意してください。個人の調査・研究目的のため、図書館所蔵資料の一部分に限り1人1部だけ、著作権法で認められている範囲内でコピーすることができます。必ず、コピー機の隣にある「文献複写申込書(館内資料複写用) [pdf版]」に記入をしてください。コイン式とプリペイドカード式があります。白黒は1枚10円、カラーは1枚50円です(図書館では両替をしません)。

■図書の予約

 貸出中の図書を利用したい場合は、予約をすることができます(所属するキャンパスの資料のみ)。予約した資料が返却されると連絡があり、約1週間カウンターで保管されます。但し、延滞による貸出停止期間中は予約手続きができません。
 myLibrary(図書館WEBサービス)からの予約、もしくはカウンターへ予約を申請してください。

■図書購入希望リクエスト

 図書館に置いてほしい学生用図書をリクエストできます。学習や研究のために必要な図書を推薦してください。リクエストはmyLibraryからお願いします。その際、静大所蔵の確認と連絡先の記入を忘れずに行ってください。
 年度内一人3冊まで、1冊の金額は原則1万円以内とします。
 リクエストされた図書の購入の採否は学生用図書選定部会で検討します。

■レファレンスサービス

 学習・研究活動を進める上で、必要な資料や情報を効率的に利用できるよう、情報検索や文献調査などを支援します。文献の探し方、事柄やデータに関する調査、必要な資料や文献の入手方法等の質問に応じます。カウンターへ相談してください。

○図書館利用セミナー

 図書館利用セミナー(ベイシック編)は、図書館案内・資料の探し方を中心に新入生セミナーの1コマで実施します。図書館利用セミナー(アドバンス編)は申込制です。
 アドバンス編では、文献の探し方等を実習します。その他、電子ジャーナル・データベースの利用説明会を専門の講師を招いて実施しています。実施の詳細及び臨時に行うセミナーについては、掲示や図書館ホームページでお知らせします。

○他図書館の訪問利用と紹介状発行

 他図書館の訪問利用を希望する場合は、事前に訪問先の図書館Webサイト等で利用方法を確認してください。訪問の際には身分証明書または学生証を携行し、訪問先の指示に従って利用してください。大学図書館(とくに私立大学)や特別な資料の利用は、事前に図書館からの照会が必要な場合があります。
 紹介状の発行が必要な場合は、紹介状発行申込書 [pdf][word] に記入の上、レファレンスカウンターに申し込んでください。紹介状発行まで少なくとも平日2日(相手館や資料によってはそれ以上)かかります。土日休日や休業期は、学外者の利用が制限されることがありますのでご注意ください。日程に余裕を持ってお申し込みください。

■他図書館からの論文・図書の取り寄せ

 必要な資料がキャンパス内で手に入らないときは、他キャンパスや他大学等の図書館からコピーを取り寄せる(文献複写)または図書を借りる(図書貸借)ことができます。

○申込方法

 myLibraryの「ILL文献複写・図書貸借依頼」メニューの「新規申込」から申込みを行ってください。
 myLibraryを利用できない方は、ILL(文献複写/相互貸借)申込書 [pdf][word] に記入の上、レファレンスカウンターに申し込んでください。

 申込み受付後のキャンセルはできません。

○申込種別

○支払方法

 教職員は運営費交付金か私費かを選択できます。学生は私費のみとなります。
 教員が学生に運営費交付金での申込を許可する場合は、学生に予算科目コードをお伝えください。許可された学生は学生自身のIDでmyLibraryにログインし、申し込みのコメント欄に次のように記入してください。支払区分は私費のままで結構です。折り返し教員に図書館から確認の連絡をして運営費交付金に変更します。
「○○先生の許可を得て、予算コード○○○○で依頼します。」

○依頼先と日数


※申込みした資料が貸出中のときなど、さらに日数がかかることがあります。日数に余裕をもって申込みしてください。

○料金

 文献複写には複写料金(おおよそ白黒1枚35~60円)と郵送料(おおよそ100~400円)、図書貸借には往復の郵送料(おおよそ1,000~2,000円)がかかります。ただし、学内他キャンパスと県内公共図書館からの通常の取り寄せには郵送料はかかりません。
 複写料金は依頼先の図書館によって異なります。カラー複写や速達には追加料金がかかります。
 海外に依頼する場合は、最低でも数千円かかります。

○連絡方法

○問合せ先

 レファレンスカウンター 054-238-4480 (内線4480) lib-refer at adb.shizuoka.ac.jp
 平日9:00-12:30, 13:30-17:00

■パソコン・プロジェクタの利用について

 4階のPCワークエリアには利用者用シンクライアントを設置しています。個人ブース、閲覧室、ハーベストルームでは、自分のノートパソコンを無線LANや情報コンセントを使って、インターネットに接続して利用することもできます。
 利用の際は情報基盤センター発行のアカウントとパスワードが必要です。

 カウンターでは本学学生、教職員、名誉教授を対象にノートパソコン(16台)とプロジェクタ(1台)の貸出サービスを行っています。

 使い方は以下をご覧ください。(学内限定)

○シンクライアントでのプリンタ設定方法

○パソコンでのLAN設定方法

○貸出用パソコンの利用方法

○貸出用プロジェクタの利用方法