Home > Using the Library >

Guide for inside the Library (Hamamatsu Branch)

(静岡本館はこちら)


静大図書館(浜松)は、「Student's PORT構想」をコンセプトとしています。

「Student's PORT構想」とは?
Student's PORT構想が目指すのは、学生たちの<港>です。議論や協働作業などの能動的な学びが可能な環境や、その成果を発信できる活動拠点を整備します。そして、快適な学習空間であるとともに、人や物が行きかう<港>のように、新たな知識や人と出会う活気あふれる場所をめざします。
画像をクリックするとPDFで開きます.
S-PortS-Port
画像をクリックするとPDFで開きます.

フロア案内

◇外観

浜松分館は、静大浜松キャンパス正門から、左手に見える「附属図書館分館・学生支援棟(愛称S-Port)」にあります。学外の方のご来館の際は、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
浜松キャンパス正門より

◇S-Port

平成26年10月にオープンしました。S-Port1階の一部および2階部分すべてが図書館のフロアです。グループでの学習や共同作業に最適なアクティブな学習スタイルに対応したラーニングエリアを中心としています。1階のギャラリーでは学生教職員の研究・活動成果を展示・公開が可能です。
S-Port正面
S-Port2階
◇S-Port1階
施設: 資料:
カウンター
ラウンジ
ギャラリー
書庫
◇S-Port2階
施設: 資料:

◇1階閲覧室

浜松分館の手にとって利用できる資料の大半が所蔵されています。こちらの建物は2Fのグループワークエリアと異なり、個人で静かに勉強、研究を行う場所です。

●1階
施設:
資料:
新聞・新着雑誌コーナー
PCワークエリア
1階閲覧席
読書テラス

◇2階閲覧室

1階閲覧室と同じく浜松分館の手にとって利用できる資料の大半が所蔵されています。個人で静かに勉強、研究を行う場所です。

●2階
施設: 資料:
グループ学習室
個人用机
2階書架

◇3階閲覧室

集中して静かに勉強、研究をするのに適した場所です。

●3階
施設: 資料:
個人ブース
開架雑誌