学外から電子リソースを利用するには

(キャンパスLAN内から利用するときは、以下のログインは必要ありません。)

キャンパスLAN以外の学外 (自宅や出張先など) から静岡大学で契約している電子ジャーナル・電子ブックやデータベースを閲覧するには、静大IDを使ってGakuNin(学認)対応サービスを利用する方法と、その他の方法があります。

静大IDを使ってGakuNin(学認)対応サービスを利用する

静大IDとGakuNin(学認)について

電子ジャーナル・電子ブックやデータベースのうち、GakuNin(学認)に対応しているサービスは、静大IDを使って学外からでも利用することができます。電子ジャーナル・電子ブックの場合、利用することができるのは、サービスのうち静岡大学で契約しているタイトルのみです。

(注意) 本サービスは学内構成員のみが利用できます。静大IDの貸借はできません。また共用パソコンなどで利用するときは、他人に使われないように、使用後はブラウザをすべて閉じてログアウトしてください。

利用方法

  • 静大IDでログインしていないときに利用するときは、次のリストの手順でログインを行ってください。
  • 1回静大IDで認証すれば、ブラウザを閉じるまですべての対応サービスが再度認証しなくても利用できるようになります。
  • 静大IDからログアウトするにはブラウザをすべて閉じてください。
  • ※アクセスエラーが発生する場合、ブラウザのキャッシュおよびCookieを削除するとアクセスできる場合もありますのでお試しください。

GakuNin(学認)対応 電子リソースリスト(A-Z順)

Cambridge Core
(Cambridge University Press)
  1. ページ右上の「Log in」をクリックし、「Institutional Log-in」をクリック
  2. 「Federation」で「Japan/Japanese Federation」を選択し、「Institution」で「静岡大学」を選択し「Select」をクリック
  3. 静大ID/パスワードを入力
CiNii
(国立情報学研究所)
  1. ページ右上の「ログイン」をクリック
  2. 「所属機関の学内認証システムでログインする方」の「所属機関」で「静岡大学」を選択
  3. 静大ID/パスワードを入力
EBSCOhost eBook Collection
(EBSCO host)
  1. 画面上の「Institutional Login」をクリック
  2. 「Select your region or group」の「Japanese Research and Education – GakuNin」を選択し、一覧から「静岡大学」を選択
  3. 静大ID/パスワードを入力
emerald insight
(Emerald Group Publishing)
  1. ページ右上の「Log in」をクリック
  2. ページ左の「Shibboleth」をクリック
  3. 「Geographic Region」の一覧から「Academic Access Management Federation in Japan(GakuNin)」を選択し、「Shizuoka University」をクリック
  4. 静大ID/パスワードを入力

※入力してから認証が完了するまで2分ほどお待ちください

Essential Science Indicators
(Clarivate Analytics)
  1. ページを開くとすぐに認証画面が出るので、静大ID/パスワードを入力
IEEE Xplore Digital Library
(IEEE)
  1. ページ上部の「InstitutioLoginal Sign In」をクリック
  2. 「Shibboleth」のアイコンをクリックし、「Shizuoka University」を検索してクリック
  3. 静大ID/パスワードを入力
IOP science
(IOP Publishing)
  1. ページ左上の「Login」をクリックし「Athens/Institutional login」をクリック
  2. 「Shibboleth」の一覧から「GakuNin Japanese Federation」をクリックし「Shizuoka University」をクリック
  3. 静大ID/パスワードを入力
JapanKnowledge Lib
(ネットアドバンス)
  1. ページ右上の「ログインする」をクリック
  2. ページ中央下の「※学術認証(シボレス)はこちら」をクリック
  3. 所属機関の選択から「静岡大学」を選択
  4. 静大ID/パスワードを入力
Journal Citation Reports
(Clarivate Analytics)
  1. ページを開くとすぐに認証画面が出るので、静大ID/パスワードを入力
KinoDen
(紀伊国屋書店)
  1. 学認でログイン」をクリック
  2. 静大ID/パスワードを入力
Maruzen eBook Library
(丸善)
  1. ページ中央の「学認アカウントをお持ちの方はこちら」をクリック
  2. 「所属機関の選択」で「静岡大学」を選択
  3. 静大ID/パスワードを入力
nature
(Springer Nature)
  1. ページ右上の「Login」をクリック
  2. ページ中央の「Login your institution」をクリック
  3. 「Otherwise, please choose your institution’s location」の「Japan」を選択(または「Or search for an instirution」に「shizuoka」と入力して検索)し、一覧から「Shizuoka University」をクリック。
  4. 静大ID/パスワードを入力
NII-REO 電子ジャーナルアーカイブ
(国立情報学研究所)
  1. ページ中央の「ログイン」をクリック
  2. 「所属機関の選択」で「静岡大学」を選択
  3. 静大ID/パスワードを入力
日経BP記事検索サービス
(日経BP社)
  1. ページ中央の「学認アカウントで利用する」をクリック
  2. 「所属機関の選択」で「静岡大学」を選択
  3. 静大ID/パスワードを入力
ProQuest Ebook Central
(ProQuest)
  1. ページを開くとすぐに認証画面が出るので、静大ID/パスワードを入力
PsycINFO
(American Psychological Association)
  1. Sibboleth Login」をクリック
  2. 「Select your region or group」のプルダウンから「Japanese Research and Education(Gakunin-Fed)」を選択し、一覧から「静岡大学」をクリック
  3. 静大ID/パスワードを入力
Science Direct
(Elsevier)
  1. ページ右上の「Sign in」をクリック
  2. sign in via your institution から institution name「Shizuoka University」を検索してクリック(EmailやUsernameの入力はしないでください)
  3. 静大ID/パスワードを入力
Springer Link
(Springer Nature)
  1. ページ右上の「Sign up/Log in」をクリックし、「Log in via Shibboleth or Athens」をクリック
  2. 「Or, find your institution (via Shibboleth)」の「Shizuoka University」を選択し、「Log in via Shibboleth」をクリック
  3. 静大ID/パスワードを入力
Web of Science
(Clarivate Analytics)
  1. ページを開くとすぐに認証画面が出るので、静大ID/パスワードを入力
Wiley Online Library
(Wiley)
  1. ページ右上の「Log in / Register」をクリック
  2. 右下の「Institutional Login」をクリック
  3. Log in with Shibboleth」のプルダウンから「Academic Access Management Federation in Japan(GakuNin)」を選択し、一覧から「Shizuoka University」をクリック
  4. 静大ID/パスワードを入力

GakuNin(学認)以外の方法で利用する

Lexis Advance
(LexisNexis)
  • ユーザー登録すると、学外からも利用することができます。
  • 詳しくはこちら(学内限定)をご覧ください。
LibrariE [ライブラリエ]
(日本電子図書館サービス)
  • ユーザー登録すると、学外からも利用することができます。(学内での利用もユーザー登録が必要です)
  • 利用を希望する場合には下記メールアドレスに申請してください。

    浜松分館:lib-hama at adb.shizuoka.ac.jp
Mendeley(機関版) [メンデレー]
(Elsevier)
  • 学内ネットワークからログイン日から12ヶ月間、ディスク容量やグループ機能がアップグレードした機関版が利用できます。
  • 詳しくはこちら(学内限定)をご覧ください。