国立国会図書館 デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館デジタルコレクション収録資料が静大OPACで検索できるようになりました
  • 静大OPACで検索できるのは、国立国会図書館デジタルコレクション収録資料のうち、「インターネット公開」と「図書館送信」の図書、古典籍、雑誌です。
  • 図書と古典籍は「電子ブック」、雑誌は「電子ジャーナル」として検索されます。
  • 「インターネット公開」と「図書館送信」は、静大OPACの検索結果で、それぞれ次のように表示されます。
    「インターネット公開」:国立国会図書館デジタルコレクション フリー
    「図書館送信」:国立国会図書館デジタルコレクション(静岡本館レファレンスカウンター・浜松分館カウンターへ [平日9:00-12:30, 13:30-17:00] )
  • 目次、本文、内容記述検索や博士論文は、静大OPACでは検索できませんので、国立国会図書館デジタルコレクションを直接検索してください。

参考) 国立国会図書館-オープンデータセット-国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報を使用しています。

「国立国会図書館 図書館向けデジタル化資料送信サービス」は国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、静岡大学附属図書館でデジタル画像の閲覧と複写ができるサービスです。

利用できる方

  • 静岡大学附属図書館利用票(学生証、教職員IDカード、学外者図書館利用票等)をお持ちの方。

利用できる資料

  • 国立国会図書館デジタルコレクション収録資料のうち「国立国会図書館/図書館送信限定」マークのある資料。検索の際「図書館送信資料」にチェックをして検索ができます。なお、「インターネット公開」資料はインターネットに接続した機器ならば、どこからでも閲覧できます。

利用場所

  • 静岡本館: レファレンスカウンター (閲覧用端末2台)
  • 浜松分館: カウンター (閲覧用端末1台)

利用時間

  • 平日 9:00-12:30, 13:30-17:00 (閲覧・複写とも)

閲覧

  • 利用するカウンターで利用票(学生証、教職員IDカード)を提示してください。
  • 閲覧用端末で職員によるログイン後に利用できます。
  • 利用時間は60分までです。ただし次の利用者がいない場合は、延長して利用することができます。
  • 次の行為は禁止されています。違反した場合は、国立国会図書館による静岡大学附属図書館への本サービスが停止されますのでご注意ください。
    • 閲覧用端末を持ち出すこと。
    • 閲覧用端末に利用者が持ち込んだ機器(ノートPC、USBフラッシュメモリ等の外部記憶装置)を接続すること。
    • 閲覧用端末の画面をカメラ等で撮影すること。
    • 画面キャプチャ又は資料の電子ファイルを取得すること。

複写 (プリントアウト)

  • 著作権の範囲内で複写(モノクロ/カラー)ができます。ILL(文献複写/相互貸借)申込書[PDF] / [Word] またはmyLibrary内「ILL文献複写・図書貸借依頼」メニューの「新規申込」からお申し込みください。
  • 閲覧しないで複写のみのお申し込みもできます。
  • 複写は図書館職員が行います。利用者による複写は禁止されています。
  • 複写には料金がかかります(静岡大学授業料等料金体系規則による)。

参考) 図書館向けデジタル化資料送信サービス(国立国会図書館)

問い合わせ先
静岡キャンパス: レファレンス係
内線4480 / Mail: lib-refer @ adb.shizuoka.ac.jp
浜松キャンパス: 分館サービス係
内線1391 / Mail: lib-hama @ adb.shizuoka.ac.jp