浜松分館 フロアガイド

“Student’s PORT構想”とは?

浜松分館は、“Student’s PORT構想”をコンセプトとしています。
“Student’s PORT構想”が目指すのは、学生たちの<港>です。議論や協働作業などの能動的な学びが可能な環境や、その成果を発信できる活動拠点を整備します。そして、快適な学習空間であるとともに、人や物が行きかう<港>のように、新たな知識や人と出会う活気あふれる場所をめざします。

↓画像をクリックするとPDFで開きます。

S-PortS-Port

フロア案内

外観

浜松分館は、静大浜松キャンパス正門から、左手に見える「附属図書館分館・学生支援棟(S-Port)」にあります。

浜松キャンパス正門より
附属図書館分館・学生支援棟(S-Port)
S-Port正面

1階 1st floor

浜松分館への入口は、S-Portの正面玄関を入って右手にあります。1階の閲覧室は静かに勉強、研究を行う場所です。

●ラウンジ Lounge
 飲食が可能な休憩スペースです。

●ギャラリー Gallery
 学生・教職員の大学における研究や活動の成果を展示・公開できるスペースです。

●図書館カウンター Counter
 資料の貸出・返却のほか図書館の利用案内、レファレンス業務などを行っています。

●書庫 Closed stacks
 書庫への入口は、カウンター横にあります。浜松分館所蔵資料の約6割にあたる資料(図書および雑誌のバックナンバー)を収蔵しています。

●新聞コーナー・新着雑誌コーナー Newspapers corner, Latest edition journals corner
 新聞(11誌)と新着雑誌が配架されています。新聞を広げて閲覧できるゆったりとした座席を用意しています。

●PCワークエリア PC work area
 シンクライアントPCとノートPCが利用できるエリアです。レポート作成にも利用できます。(学内者限定)

●開架図書閲覧室 Reading room (Books)
 平机を中心に配置しており、静かに勉強、研究を行うことができるスペースです。

●読書テラス Reading terrace
 緑に囲まれた屋外テラスで読書を楽しめます。

資料
  • 新聞コーナーにはバックナンバーを3ヶ月分(当月を含む)保管しています。
  • 新着雑誌は約半年から1年間分を新着コーナーに配架します。
  • 閲覧室書架の資料は、文庫・新書、情報社会系の図書を中心に配架しています。
  • 新着図書は、新聞コーナー側の入口付近の新着図書コーナーに並びます。
  • 書庫には出版年の古い図書や雑誌のバックナンバーを収蔵しています。一部の新聞は過去4ヶ月~1年間分を書庫に保管しています。
ラウンジ
ギャラリー
新聞・新着雑誌コーナー
読書テラス
PCワークエリア
開架図書閲覧室

2階 2nd floor

グループでの学習や共同作業に最適なグループワークエリアが人気のフロアです。1階と同じく静かに勉強、研究を行うことができる閲覧室もあります。

●パーソナルワークエリア Personal work area
 カウンター席とパーテーションで区切られた大きめの机が並んでいます。個人で集中して学習ができます。

●地域産業史エリア History of local industry area
 カウンター席とソファーが並んでいます。

●多文化交流エリア Multicultural exchange area
 視聴覚機器を設置したパーテーションで区切られたブースとカウンター席の他、畳席が設置されています。。

●グループワークエリア Group work area
 可動式の机・イス・ホワイトボードが多数用意されていて、会話をしながらグループで学習を進めることができます。

●Graduates’ Hub
 個人用机に設置したPCや大きなディスプレイ付きの机があります。大学院生以上の研究活動を支援します。学部生も使用可能です。

●セミナールーム・CALL教室 Seminar room & CALL room
 アクティブラーニングに対応した設備があり、最大52台のパソコンを使用して講義・学習ができます。(要予約、学内者限定)

●グループ学習室 Group study rooms
 ホワイトボードとディスプレイを備付けた部屋です。可動式の机と椅子があり、グループで学習ができます。(要予約、学内者限定)

●学習エリア Learning area (Reference books)
 辞書や事典が配架されていて、資料を使いながら学習ができるエリアです。

●開架図書閲覧室 Reading room (Books)
 個人で静かに勉強、研究を行う場所です。個人用机が中心です。

資料
  • シラバス図書、キャリア支援図書、学生や教員による推薦図書といったテーマごとの資料が配架されています。
  • 静岡大学と地域産業に関わる資料は地域産業史エリアに集められています。
  • 留学生の日本語学習、日本人の外国語学習のための資料とDVD・CDを中心とした視聴覚資料は多文化交流エリアにあります。
  • 参考図書(辞書や事典、白書等)と大型図書が低書架に並んでいます。
  • 閲覧室書架の資料は、自然科学系・工学系の図書を中心に配架しています。
グループ学習室
資料紹介コーナー
多文化交流エリア
グループワークエリア①
グループワークエリア②
Graduates’ Hub
シラバス図書
開架図書閲覧室
学習エリア

3階 3rd floor

集中して静かに勉強、研究をするのに適した場所です。

●開架雑誌閲覧室 Reading room (Journals)
 カウンター席とパーテーションで区切られた大きめの机が並んでいます。静かに勉強ができる空間です。

●個人ブース Personal booths
 個人ブースが4部屋用意されています。一人で集中して勉強したい時に利用できます。(要予約、学内者限定)

資料
  • 和雑誌と洋雑誌(一部)のバックナンバーが配架されています。
個人ブース
開架雑誌閲覧室
閲覧席

主な施設

名称 利用方法 利用案内・申請書等
ギャラリー カウンターへお問い合わせください。事前の申し込みが必要です。展示は学内者限定です。
使用時間は原則として、図書館の平日開館日9:00~17:00までです。
  • 浜松分館ギャラリー
  • ギャラリー使用申込書[PDF] / [Word]
  • 書庫 書庫資料をご利用の際は、カウンターへ資料請求票を提出してください。大学院生と教職員は手続きのうえ、直接入庫して利用できます。
    資料の出納および入庫は、平日9:00~17:00までです(12:30~13:30に受付けた出納は13:30以降にご用意します)。平日夜間と土日祝日は利用ができません。
  • 資料請求票[PDF]
  • セミナールーム・CALL教室 カウンターへ直接、またはお電話でお申込ください。申し込み用紙による申請が必要です。申し込みは学内教職員に限ります。
    使用時間は原則として、図書館の平日開館日9:00~17:00までです。
  • 図書館施設・物品等利用願[PDF] / [Word]
  • グループ学習室 カウンターへお申込ください。2週間前から予約が可能です。利用は学内者限定、1グループ(3名以上10名程度まで)1回につき最大3時間まで、次の予約がない場合は延長が可能です。
    使用時間は開館から閉館30分前までです。
  • 利用方法案内[PDF]
  • 施設利用申請書[PDF]
  • 個人ブース カウンターへお申込ください。当日中の予約が可能です。利用は学内者限定、1回につき最大3時間まで、次の予約がない場合は延長が可能です。
    使用時間は開館から閉館30分前までです。
  • 利用方法案内[PDF]
  • 施設利用申請書[PDF]
  •  ※各施設・設備の詳細はカウンターへお尋ねください。